ダイアグラム、工程図、クイックページレイアウト、Web サイトのワイヤーフレーム、またはグラフィックデザインの作成用ツールをお探しですか。OmniGraffle を使えば、高品質のグラフィック書類をすばやく作成できます。たとえば、線でつながれた図形をそのまま動かしたり、パワフルなスタイリングツールを使用したり、ワンクリックでダイアグラムを整理したりできます。OmniGraffle は簡単なスケッチにも専門的な図にも賢く対応します。

アップグレードの割引に関する重要な情報:OmniGraffle Pro のアプリ内課金での割引は、App Store からバージョン 5 を購入されたお客様のみご利用いただけます。App Store からバージョン 5 を購入されたかどうかは App Store アプリの「購入済み」タブで確認できます。ご不明な点がございましたら、sales@omnigroup.com 宛にメールをお送りください。

OmniGraffle 6 ではデザインが一新されました。統合されたインスペクタやステンシルのウインドウ、ステンシルやテンプレートを管理できる新しいリソースブラウザ、新しいアーティスティックな塗りつぶしとストロークのスタイル、機能が向上した共有レイヤー、パワフルな図形の組み合わせ、より優れた画像のマスキングや切り抜き、およびその他の新機能をご利用いただけます。

新機能

• OmniGraffle 6 ではユーザインタフェースが一新されました。
• テンプレートやステンシルなどのアプリケーションリソースがアプリケーション内で完全に管理できるようになりました。
• 配置した画像をキャンバス上で直接編集およびマスクできるパワフルなコントロールが追加されました。
• 新しいアーティスティックな塗りつぶしとストロークのスタイル(フリーハンド、点画、マーカ)が追加されました。
• 曲線のパスに沿うように線ラベルを設定できるようになりました。
• 手動ガイドの色や位置を手作業で設定したり、キャンバス間でドラッグできるようになりました。

PRO の機能(アプリ内課金を通じて入手可能)

• Visio の読み込み/書き込み:Microsoft Visio® 書類(VSD または VDX)、ならびに Visio ステンシル(VSS)やテンプレート(VST)を OmniGraffle 内で直接開くことができます。また、Visio XML 書類(VDX)に書き出すことも可能です。
• 共有レイヤー:複数のキャンバス上で表示したい共通の要素を簡単に更新できます。また、標準レイヤーと共有レイヤーを切り替えられるようになりました。
• 新しいコントロールを使用して、オブジェクト内のどの端点または中心がジオメトリインスペクタに反映されるようにするかを指定できます。また、選択した頂点の X 座標と Y 座標を設定できます。
• 図形の組み合わせ:既存の図形の組み合わせ(結合、交差、減算)を使用して新しい図形を簡単に作成できます。また、組み合わせた図形を元の図形に分解できるようになりました。
• 解像度に依存しない表示スケール:100% ズームのときに Apple ポイント、PostScript ポイント、または画面ピクセルを反映させることができます。
• Photoshop への書き出し機能が再装備され、OmniGraffle レイヤーを Photoshop レイヤーに書き出せるようになりました。
• 表:表を使って図形をグループ化できます。これにより、テンプレート図形の新しい行や列を簡単に追加できます。

ビデオチュートリアルやその他の情報については、弊社の Web サイトをご覧ください!

サポート

不明な点やご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。The Omni Group は無料の技術サポートを提供しております。お問い合わせには、メール(omnigraffle@omnigroup.com)、お電話(1-800-315-6664 または +1 206-523-4152)、あるいは Twitter(@omnigraffle)をご利用いただけます。

ありがとうございます!